マンションリフォーム

■空き室対策リフォーム・リノベーション

近年、賃貸マンションの広告にも、「リノベーション済み」、「デザイナーズ」といった言葉を見かけることが増えてきました。
これは、賃貸物件に対して入居希望者の数が減り、空き室が増加してきたため。
特に中古マンションの内装や設備を一新することで、入居率を改善しようとする動きが高まっています。

「ガラリと内装を変えて、オシャレにしたい」というリノベーションのご依頼から、「傷んでいる部分を取替えて、“古い”という印象を無くしたい」というリフォームまで、オーナー様のご要望に合わせた工事をご提供します。

▼たとえばこんな改装工事を!

●人気のデザイナーズマンションに
打ちっぱなしのコンクリート壁や、ポップなカラーリング、ロフト付きなど、思い切って個性的なお部屋に。
特に若い世代をターゲットとする場合などは、他の物件と差別化が図れるのでおすすめです。

●使いやすい間取りに
たとえば3DKという間取りは、ファミリー向け物件の中でも人気が低く、「2LDKに変更してほしい」、というご相談が増えています。
キッチンが狭い、収納が少ない、和室になっていて使い辛いなど、不人気な間取りやお部屋の形式を変更することで、入居率UPが期待できます。

 

■購入した中古マンションのリフォーム・リノベーション

「新築よりも費用を抑えたい」、「自分に合った住まいに変えたい」、「たくさんの物件から選びたい」…
そんな方々のニーズにマッチするのが、中古マンションのリノベーション。
新築より安価でありながら、自分の納得するデザインや、満足する使い勝手をとことん追求できるのが魅力です。

とはいえ、マンションのリノベーションは、躯体や配管、バルコニーなど、自由に改修ができない部分もあるため、注意が必要。
管理規約やマンションの構造にも精通していますので、正しい知識をもとに、無理なくお客様の理想を叶えます。

▼たとえばこんな改装工事を!

●古い水回り設備を最新のものに
「キッチンやお風呂の設備が古いので、リフォームを考えている」というお客様は、多いのではないでしょうか?
特に水回りの配管は、知識のある業者と無い業者で大きく差がつくところです。
マンションの特性を知らずに工事してしまうと、機能を損なったり、再工事が必要になることもありますので、専門業者にご依頼されることをおすすめします。

●お客様らしさが光る空間に
壁を壊して躯体のみの状態から作り変えるスケルトン・リフォームなら、ご家族のライフスタイルに合った間取りを一から考えることが可能です。
床や壁の色を変えたり自然素材を取り入れるなど、こだわりを形にして、世界で一つだけの我が家をつくりましょう。

【電話】043-214-5200
(代表直通:090-3235-5929)
【FAX】043-214-5202
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 千葉市内中心に近郊エリア

一覧ページに戻る