介護・バリアフリー工事

■ 要介護者だけではなく、家族にとっても安全でラクな家づくりを

高齢化にともなって、需要が高まっているのが、介護リフォーム。
車いすの方や、歩行が困難な方だけでなく、5年先、10年先を見越して、“安心できるお住まい”を準備される方が増えています。

トイレやお風呂の改修はもちろん、段差の解消や手すりの設置といった部分的なリフォームもお任せください。
当社は千葉市の“介護保険住宅改修登録事業者”ですので、介護保険を利用したリフォームのご相談も承ります。
ケアマネジャーや包括支援センターなど、地域の関係者と充分に連携を取り、専門家として皆様の身体状況に合わせた適切な住宅改修をご提案いたします。

 

■ たとえばこんな介護リフォームをいたします!

◎トイレ

車椅子で入れること、介助する方のスペースを確保することを考え、便器前または横にスペースを設けます。立ち座りを補助する手すりを設置するのはもちろん、ドアも引戸に改修するのがベストです。

◎手すり

階段の手すりは両側に設置するのが理想ですが、片側にしかつけられない場合は、降りるときの利き手側に設置しましょう。また、手すりを設置するにあたって、壁の強度を確かめ、必要があれば補強することで、安全に手すりをご利用いただける環境をつくります。

◎出入口

開閉時に体の移動が少ない引き戸に取り替えると、出入りがグンと楽になります。取っ手はにぎりやすい棒状のタイプがオススメ。開き戸では、丸いノブよりもレバーハンドルの方が、開ける時の力が少なく済みます。

◎浴室

1坪あれば充分な介助スペースをとって改修することが可能です。ユニットバスなら、「床は滑りにくくないか」「浴槽をまたぐのが大変でないか」「入り口が引き戸であるか」「入浴補助の手すりが設置されているか」、といったポイントをチェックしておきましょう。

◎段差・階段廊下

家の中や、アプローチから玄関までの段差はできるだけなくしたいもの。どうしても解消できない場合は、過ごしやすいバリアフリー仕様に変えたり、照明で明るくして見やすくすることが大切。踏み外したり、つまづいて転倒するリスクを減らすことができます。また、車椅子でも通りやすいよう、廊下のリフォームなども提案いたします。

【電話】043-214-5200
(代表直通:090-3235-5929)
【FAX】043-214-5202
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 千葉市内中心に近郊エリア

一覧ページに戻る